株式会社丸高建設
会社案内スタッフ紹介施行事例施行の流れお客様の声お問い合わせ資料請求
当たり前ですが、丸高建設のスタッフは住まいづくりのプロ集団です。「数」を追うプロではなく、「質」「満足度を高める」プロです。「きもちいいから、木の家にしよう」をテーマとして、お客様にご満足していただけるように常にデザインや間取り、そして仕様についての研究を重ねています。 もちろん、石川製材所のスタッフも同様です。木造住宅に最適な原木を厳しく見る目、効率的に切り出す目と技、またその材料を長く生かしていくための乾燥の技、そして施工のタイミングを計る目。丸高建設と石川製材所は常に連携しながら、木造住宅ならではの風合いと強さを引き出すための努力を重ねています。
丸高建設のウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。
私は取締役の石川篤と申します。

弊社は、1931年に創業した石川製材所より派生したハウスビルダーです。
1973年当時、製材所の代表を務めていた私の祖父である高則が、石川製材所の恒久的な繁栄をこころから願い、
安定した木材の需要をもたらすために丸高建設を誕生させることになりました。

工場に立ち込める木の香りや、大きな製材音。上棟に備え構造材を加工する棟梁の姿や、真剣な表情で金鏝を操る左官の姿。そして毎日休むことなく働く祖父と父親の懸命な姿。生まれたころから慣れ親しんできた環境のなかで、今こうして働くことができることを私は大変誇りに感じております。

創業以来、祖父・父親が共にこだわり続けてきたこと。それは製材所で生産された良質な製材品を、日頃お客様の目に触れることのないところにまでふんだんに取り入れ、流行に左右されずに長く住まうことの出来る丈夫な住宅をご提供することです。

もちろん私の代をもって先代からのこだわりを絶やすわけには参りませんし、私自身が木のぬくもり溢れるお住まいをご提供し続けて行きたいと望んでおりますので、丸高建設のこだわりは、これからも変わらずに在り続けると申し上げることができます。

さて、弊社がお客様のご計画に携わる際に重要視するものがございます。それはお客様のために、お客様と一緒に創り上げていく資金計画です。

当然ながらお住まいには維持費を要します。
それぞれのご家庭に将来訪れる、それぞれのライフステージに備えて頂きながら、この維持費にもご対応頂かねばなりません。
お客様にとっていちばん幸せな場所でなければならないお住まいが、人生の重荷になってしまうようでは本末転倒となってしまいます。計画の前後に発生する諸費用も踏まえ、きちんとご納得頂くまで資金計画にお時間を割いて頂き、無理なくお住まいとお付き合い頂くことがいちばん幸せな場所を手に入れることに繋がっていくものだと私は信じております。

そして、より幸せな場所を手に入れて頂くために、丸高建設ではご用命頂いたお住まいに対し、厳選した仕様を施させて頂いております。弊社にとって信頼できる建材を施すことは、お客様に快適な生活を毎日体感して頂きつつ、万が一の際にはご家族の命を守りぬくことができるお住まいをご提供することになります。 また、お住まいに関わるこれら全ての計画は、大分県を代表する経験豊富な建築家と共に一棟一棟じっくりと構築して参りますので、意匠性も然ることながら、暮らしに根ざした動線への配慮に徹底的にこだわったご提案を 差し上げることが可能です

残念なことに、弊社は小さなハウスビルダーですので、大手ハウスビルダーに代表されるようなサービスをご提供することは叶いません。しかしながら、お客様の計画をあたかも自分のことのように親身になってご一緒させて頂くことだけはお約束することができます。 おかげをもちまして、弊社には「営業」の肩書きを持つスタッフは在籍しておりませんが、お世話になったお施主様から、あるいは弊社の物件をご覧になられた方々から、ご紹介やご用命を賜っております。

平成27年5月には、弊社のお客様へのアフターサービスの確立と地域の方々の住生活に関するお悩みを解決する目的を掲げ、Panasonic自由設計リフォーム「リファイン宇佐店」を展開することになりました。 今後丸高建設は、建設業からサービス業へと社内意識をシフトし、地域のサービスステーションを目指して参ります。 石川製材所、丸高建設、そしてリファイン宇佐では、みなさまのお役にたち信頼を獲得できるよう日々研鑽してサービス体制の質を高めて参りますので、今後ともご支援とご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

丸高建設に入社するまでは、大阪の企業で関西・九州・関東・北陸・東北地区の各県を年間200日以上営業として飛び回っていました。30歳の時、父親の病気の関係で帰郷し、その後は教育委員会で指導員として3年間勤務して、丸高建設に入社しました。
お引き渡しの際に、新築のお住まいの出来栄えや品質に満足していただいたというお声を頂戴した喜びはもちろんですが、同時に携わった我々社員をお客様が気に入っていただけることはこの上もない喜びです。

私は負けず嫌いで、何事にも集中する性格なので、施工管理の業務では業者の皆様に細かく指示する点も多くなるようですが、その性格を私が一番気に入ってます。お客様にとって住まいは、一生に一度と言われる大きなお買物。
ご家族がご要望される健康で、暮らしやすく、そして明るく過ごせる空間づくりをお手伝いさせていただいているということを常に肝に銘じながら施工させていただいています。

丸高建設は、まだまだ小さな会社ですが、社員ひとりひとりがスキルアップして誠心誠意の努力で住まいづくりを継続していくことで、会社も私自身も成長していきたいと願っています。

土木課での管理と共に、CS(カスタマーサービス)を兼任しています。丸高建設のスタッフの中では唯一の50代ですが、余りあるパワーで、スタッフ全員の元気の源となりたいと笑いを振りまき、時として檄を飛ばしています。
丸高建設にはあるご縁をいただいて2年前に入社いたしました。それまでも建築関係の仕事をしていましたが、丸高建設に入社して先ず驚いたことは、お客様(お施主様)の信頼がとても高いことでした。それは紹介率100%ということに裏付けされていることですが、この信頼の高さは一朝一夕にはできないもので長年の実績やお付き合いから培われていると思っています。
私の長年の経験を丸高建設の中でいかに活かしていけるかを日々考えています。木造住宅の良さ、すご味を生かしていくためには研究も必要ですし、何よりもお客様のおうちを自分の家を建てるような気持ちで臨むことの大切さをあらためて痛感しています。

仕事の面で、自分でも気が短いと自覚していますが、これは「お客様の笑顔を早く見たい」という気持ちからです。さらにお客様の信頼を高めていただけるように厳しく、そしてパワー全開で頑張って行きますので宜しくお願いいたします。

建築課で現場管理を担当しています。普通であれば現場管理担当者は、現場の施工が始まる段階でお客様とお会いすることとなるのですが、丸高建設には営業マンがいませんので、プランニングの段階からお客様とお会いすることとなります。これは担当者として非常にありがたいことだと思います。
それはお客様の住まいへの思いを早い時期で直接汲み取ることができることと、お客様ご家族のお一人お一人の性格等を知ることができるので、現場の施工の際にお客様の姿を思い浮かべながら工事ができることです。

私が心がけていることは「できることは精いっぱいやる」。図面や仕様からだけではなく、お客様の顔が見えることで細かなことに気付くことも多く、遠慮なくご提案させていただくようにしています。

お引き渡しの際のお客様の笑顔は、例えようのない達成感となっています。妻、子供4人、ネコ3匹の大所帯。水泳は長く続けていますが、最近は練習もサボり気味。たまに出場する大会で気分転換しています。

CS課は、施工させていただいたお住まいのアフターサービス部門の窓口、アフターサービス部門の窓口として、住まいの色々なお悩み事やご相談の窓口となっています。
主人(石川篤)と子供二人の4人暮らしですが、お客様と接する場面では常に主婦目線、子育て目線での対応を心掛けています。
また、結婚前までは介護福祉士をしていましたので、その経験を活かして高齢者の住まい方についてもいろいろなアドバイスを積極的に行うように心がけています。
私は、祖父母と両親という環境で育ってきましたが、働く母親の姿を目の当たりにしていましたし、私自身もこうして子育てしながら働かせていただいています。
私たちが日々お会いするご家族の方にも同じような環境の方が大勢いらっしゃいます。まだまだ主婦としても、母親としても未熟ですが、丸高建設の「人の立場に立って親身に考える」という姿勢を大事にしながら、お客様と接していきたいと考えています。おかげさまで、お施主様の奥様と仲良くさせていただくことが多くなってきました。
もちろん、今はアフターサービスの業務を通じてのものですが、このご縁を大切にしながら、何でもご相談していただける頼もしい存在になれるよう努力していきたいと思います。
断熱工事の内容について、一般の施工ではあまりお客様に説明がないままに進んでしまうという話をよく耳にします。
断熱工事は、今や当たり前の工事となってしまい、お客様もどこでも同じだと勘違いされておられるのかも知れません。
丸高建設では、この断熱工事(デコスドライ工法)を大事に考えて、専門部署を設けているくらいです。 この工法を詳しくご説明して関心を持っていただくことで、ご入居後のお客様の意識もずいぶんと変わってきます。
それは快適な室内環境だけではなく、自然素材への関心やエアコンの扱い方等に表れてくるようです。お客様から、「防音効果にもびっくりした」とお声をいただいた時には、小さくガッツポーズしています。
担当させていただいたお住まいが少しずつ、少しずつ形になっている姿を見ていると、この仕事のやりがいを強く感じています。 お客様第一主義という丸高建設の社風の中で日々心地良い緊張感を感じながら、誠心誠意の施工をすることでお客様へのお返しをしたいと思っています。「素直で人想い」の性格ですので、何か住まいに関してのご相談がございましたらお気軽にお声掛けください。
丸高建設では、住まいの高気密・高断熱化のためにデコスドライ工法を採用しています。これは、壁中に、セルロースファイバーという天然の木質繊維を使用しているので有害物質を発生せず、室内の湿度を適切に保ち、防音効果もあるというものです。

私はこのデコスドライ施工のための資格を取得して、断熱工事を中心に施工を担当しています。お引き渡し後の生活が始まる中で、この断熱効果や防音効果を実感していただいてのご感想をいただく度に、このデコスドライ工法の自信を強めています。
自分は単純でマイペースな人間ですが、釣り仲間や野球を通じての仲間をはじめ多くの友人に恵まれ、多方面に接点を持てていますのでこの行動範囲をもっと広げていきたいと考えています。

とにかく丸高建設の魅力はスタッフの人柄の良さだと思っています。
この環境にいることで、お客様とのお付き合いの仕方や施工に関しての責任感を日々学んでいます。細かなことかも知れませんが、私の密かな心がけは「どこの会社の現場よりもキレイにすること」。

現場は、丸高建設の現場であると同時にわが社をお選びいただいたお客様の「顔」ですので、感謝の気持ちを込めてこの心がけを大事にしていこうと強く思っています。まだまだ至らないことばかりですが、宜しくお願いいたします。