株式会社丸高建設
会社案内スタッフ紹介施行事例施行の流れお客様の声お問い合わせ資料請求
いいうちになちますように数よりも、いい家づくりが基本です丸高建設に営業マンはいません
いいおうちになりますように

住まいづくりとは、ただ家を買うということではありません。自分たちのスタイルにあった生活を実現すること、ではないかと考えます。

しかし、ご自分のライフスタイルやどんな生活をしたいか等を、打ち合わせの場で具体的にあらわすのは結構大変です。そのスタイルを反映させた住空間をイメージし、伝えるのもなかなか難しいと思います。ご家族一人ひとりの希望もはっきりしていないかもしれません。漠然とした希望のままプランづくりに入ってしまうと、多くの方はそのプランを基本に判断してしまいがちで、本当に納得しないまま進んでしまうこともあるのです。

丸高建設は、お客様の暮らし方や志向に合わせて、1棟1棟住まいを設計、デザインすることを大切にしていますので、お客様のご要望や夢などをお聞きするこのヒアリングに一番時間をかけ、丁寧に進めていきます。大切なのはお客様との信頼関係です。何でも遠慮なく話していただけるような信頼関係を得られなければ、率直なお話はうかがえませんし、生涯のお付き合いをさせていただくこともできません。ご自宅、弊社事務所での打ち合わせ、良い木をご覧いただく製材所見学や弊社施工の実際の住まいへのご案内、また設計士を交えての話などを重ねていくことで、少しずつお客様の思い描いていた夢やカタチ、そしてどんな暮らしをご希望されているかが、具体的なプランとなって見えてきます。

もちろん、お客様の夢だけで進めることはできません。お客様が思い描いていた以上の「いいおうち」になるように、私たちもご家族になったつもりで親身にアドバイスさせていただきます。他社よりもこの期間は時間がかかりますが、住まいづくりにおいて一番楽しく、大切な時間です。

数よりも、いい家づくりが基本です
全てフリー設計の注文住宅ですから、打ち合わせからお引き渡しまでの期間は長くなります。棟数を追うよりも、満足いただける住まいを確実に施工していくことこそ、お客様に選んでいただいた丸高建設の責任であると思っています。

 

丸高建設のお客様のほとんどがご紹介ということもあり、弊社にいわゆる営業マンはいません。お客様のご要望やお悩みを的確にくみ取り、ご予算や設計、内装そして施工に反映していくためには担当者が直接お話しする方が無駄もなく確実です。

お客様窓口担当はお客様の全てを把握し、設計士・施工責任者と共に、お引き渡しまで変わることはありません。ですから、いかにお客様の気持ちを理解し、遠慮なくお話ししていただける関係を築いていくかを一番大切にしています。

丸高建設の住まいづくりは 木への想いを大切にしています

丸高建設の前身、石川製材所(1931年〜2016年)は良質で廉価な製品を誇りと自信を持って市場にご提供してまいりました。
丸高建設の「木」への想いは、この石川製材所の精神を継承しており、私たちの木の知識と愛着はどこにも負けないと自負しています。
丸高建設の作業工場では、使用する木材の多くをひとつひとつ加工を行い、建築現場へ搬入するまで大切に保管しています。木は、流行りすたりがなく、現代の住まいにも柔軟に対応します。いろいろな木を適材適所に使うことで、日本の気候風土に合った快適な住まいとなり、強度が増し、長く住み続けていただける住まいとなるのです。