株式会社丸高建設
会社案内スタッフ紹介施行事例施行の流れお客様の声お問い合わせ資料請求
山香町後藤様邸インタビュー
夫婦二人の希望は「寒くない家」最初から奥さんは平屋が良いと言ってました
先ず、おうちを建てようと思ったきっかけは
(ご主人)
結婚してから日出町のアパートに住んでいたのですが、長男が生まれ、そして長女が生まれて、1LDKのアパートが手狭になったのが一番のきっかけです。
私の亡くなった祖父母から、実家(山香町)に帰って来るように言われていたこともあり、実家の敷地内に建てることを決めました。両親の住まいは道路を挟んで建っていますので、子供たちもしょちゅう遊びに行っています。
 
どんなおうちにしたいというイメージはありましたか

(ご主人)
「寒くない家」。
実家は、15年ほど前に地元の木造住宅会社で建てたのですが寒いのです。ユニットバスがとにかく寒いので、寒くない家を先ず考えました。
(奥様)
私の希望も「寒くない家」でした。
子供の頃に暮らした木造住宅は平屋で、その後建て替えた今のプレハブ住宅も寒かったので寒くない家が良いと主人と同意見でした。
あと、子供の頃の平屋が好きでした。いつも家族が一緒のような気がして。二人の子供のことを考えて、平屋にしたいと最初から言ってました。


住まいづくりを考えていくために何を参考にされましたか

(ご主人)
大分市内にある3カ所の総合住宅展示場を全て見て回りました。あと、そこに出ていない住宅会社のモデルハウスなども4〜5カ所見学しました。
いろんなタイプの住まいを見ましたが、私たちは「平屋」を希望していたので、どこかに決め切れずに住宅雑誌なども参考にしながら、色々と悩んでいました。

 

丸高建設との出会いは?

(ご主人)
ある日、職場の休憩時間にインターネットを見ていて、安心院の住宅会社という情報があって丸高建設のホームページにたどり着いたのが最初です。
それまでは丸高建設のことは全く知りませんでしたが、ホームページの隅々をじっくりと見て行く中で、興味を持ちまして、すぐに電話しました。

「家を建てたいのですが・・・」と。

それから、丸高建設さんの事務所を訪ねて、石川社長との付き合いが始まりました。

 
丸高建設や石川社長の印象はいかがでしたか

(ご主人)
今まで見学等で訪れていた住宅会社の営業の方とは全く違っていました。
とにかく、家のこと、間取り等の具体的な話を全くされないんです。
ライフプラン、特に資金計画等について、毎回何時間も、何度も何度も話し合いました。その間、営業的なアプローチが全く無し。普通の営業なら、グイグイと押して来そうなものなのですが、それが無いのです。
「逃げられると追いかけたくなる」という印象でした。
そうしているうちに、「家云々じゃなく、この会社なら何とかしてくれるんじゃないか」
という安心感や信頼感が生まれてきたように思います。

(奥さん)
何度も話し合いをして行く中でも、まだ最終的に丸高建設さんに決めていなかったのですが、
帰りの車の中で、私から「あの会社(丸高建設)で、決めても良いんじゃない」と主人に話しました。
まだプランにも入っていない時期でしたが、主人も私のひと言を待っていたのかも知れません。
実はその時はまだもう一社から営業を受けていたのですが、その日にその会社にお断りの連絡をさせていただきました。


石川社長、後藤さんとはこの間、どんなことをお話しされていたのですか

後藤さんにだけ、特別なお話をさせていただいたとういうわけではないのですが、とにかく後藤さんとの話はとても長くて、とことん納得いくまでお話しさせていただきました。

他のお客様と同様に、住宅そのもののお話しは一切触れずに、現在の家計状況などを詳しくお聞きすることから始めました。
お客様はマイホームをお考えになるとどうしても、外観や間取りなどに走りがちになります。夢に描いたマイホームですからお気持ちはよく分かるのですが、住宅ローンの返済や固定資産税、その他今までは気が付いていなかった費用もかかってくることになりますので、膝をつき合わせてお話しさせていただきます。マンションだと修繕積立金という形で、将来に向けての共用部の修繕費用を準備していくこともできますが、一戸建ての場合にはご自身で将来のメンテナンスの費用を考えていかなければなりません。マイホームに入居されてから後で、思わぬ費用に気がついてご苦労される方もいらっしゃいます。

「将来のことだから、まだ先に考えれば何とかなる」という方もいらっしゃいますし、「何となくそこを考えるのが怖い」からとあえて避けておられる方もいらっしゃいます。
夢に描いたマイホームですから、金銭的な問題でご苦労されることは住まいへの思い入れを損なってしまうことになってしまいます。
後藤さんの場合、ご相談をいただく前には全く丸高建設をご存知なかったというまれなケースでした。ご夫婦には小さな可愛いお子様がお二人おられ、宅地は実家の土地という条件ではありましたが、余裕を持った無理のない資金計画のために何度もご夫婦とお話しさせていただきました。

かと言って、ただ建築費を落としていくようなことでは満足していただけるようなお住まいにはなりません。
お二人のこだわりを持たれているものや、丸高建設として質を落としてはいけないものも出てきますので、建築費用の幅も想定していくことも必要です。後藤さんのお宅の場合、建築費用は当初のご予算よりも上がりました。
しかし、事前に時間をかけてお話しさせていただいたことで、素晴らしいお住まいと無理のない計画にすることができました。お二人が私たち丸高建設を信用していただき、腹を割ってのお話が出来た結果だと逆にお二人に感謝している次第です。

こちらのプランに決まった流れをお聞かせください

(ご主人)
プランに入るまでに、丸高建設が施工した住まいをいろいろ見学しました。
ホームページの施工事例に掲載されている豊後高田の大西邸、宇佐市の後藤邸、玖珠町の雑木林の家、そして院内町に完成したばかりのおうち、そして豊前や大分市の完成邸などもご案内していていただきました。
私たちは二人とも平屋を希望していましたし、石川社長からも平屋を薦めていただいていましたので、院内町の完成邸(平屋)を見て広いリビングが気に入り、参考にしました。

(奥様)
間取りなどについては比較的早く決まったような気がします。
当初考えていた予算よりもオーバーしましたが、事前に主人と石川社長が資金計画や支払い計画などについて長い期間、じっくりと話をしていたので、安心して進めることができました。
建築着工してから、主人や私が色々と注文を付けていきましたが、石川社長をはじめ丸高建設さんの皆様がきめ細かに対応していただきました。
例えば、主人はテレビの位置やスピーカーの高さまでも何度も相談してました。


新居での暮らしはいかがですか

(奥様)
おかげでとても快適ですよ。
床が気持ちいいです、裸足で歩くのが好きなので、木の床はとても快適です。
丸高建設さんのキャッチフレーズの「気持ちいいから 木の家にしよう」に納得です。
キッチン、家事室、洗濯室への動線もゆったりしているので、ずいぶん楽です。

(ご主人)
私の定位置は、ソファーのここと、ダイニングテーブルの横のパソコンカウンターです。
ここなら、子供の姿も見られるし、広い縁から外も見られるし落ち着ける場所です。
この広いリビングダイニングには大満足しています。
友達の新築の家にお呼ばれすることもありますが、こんなに広いリビングはないですね。
もちろん口には出せませんが、優越感に浸ってます。

 
お二人の希望であった寒くない家、そして平屋の暮らしはいかがですか

(奥様)
石川社長から薦められていた断熱材「デコスドライ」は正解でした。
まだ冬は経験していませんが、梅雨時季や夏の暑さに早くも効果を実感できました。
梅雨はリビングの窓を開けていても湿気を感じませんでしたし、暑い日もクーラー1台で全室快適でした。
これなら、冬も最低限の暖房で大丈夫そうです。
サッシを閉めれば、外の音は聞こえませんし、室内の音は外にはほとんど漏れてないようです。

(ご主人)
南側のこの深い軒と縁にも満足しています。
雨の日も窓を開けていても、雨が室内に降りこんでくる心配はありませんし、暑い日もこの軒で光や熱をさえぎってくれています。
子供たちもこの縁を気に入っていて、おもちゃをここで広げて遊んでます。

お子さまにも変化があったとお聞きしましたが

(奥様)
長男の颯太は、以前はどちらかと言えば、おとなしい方でした。 以前の住まいはアパートでしたので、大きな声や音を出さないようにしょっちゅう注意していたので、子供ながらに抑えていたのかも知れません。
今では、部屋の中を走り回り、大きな声で笑うことが多くなりました。

(ご主人)
まだ、この家に住み始めて半年くらいですが、颯太も瑞葵も田舎の子供らしく頼もしく元気になったような気がします。ストレスがなくなったというか。
おじいちゃん、おばあちゃんが目の前にいるので、かわいがってもらえるし、こちらも安心です。

 
丸高建設について何か

(ご主人)
私たち二人と石川社長3人で、とことん話をさせていただきました。
家の話というよりも、それ以前の資金計画については特に懇切丁寧にアドバイスしていただきました。当初私たちが考えていた予算よりもかなりオーバーすることにはなりましたが、おかげで大満足の住まいを建てることができましたし、支払計画についても不安のないものになりました。

私の両親も全く知らなかったのですが、この敷地の下には、水脈が通っていることが分かったり、思いがけないトラブルも色々とありましたが、その度に細かく対応していただきました。

私たちと石川社長は歳も近く、何でも話ができる関係になりました。
これから、是非長いお付き合いをさせていただきたいと願っていますので、丸高建設の皆様宜しくお願いいたします。

 

 
 


後藤さんご家族との住宅計画を振り返ってみますと、真っ先に思い出されるのは、ご主人、奥様とのお打ち合わせの回数と時間の長さです。とにかく、何度も何度も、時間をかけて、いろんなことをお話ししました。
事務所やご自宅でのお話はもちろん、仕事帰りのご主人とファミリーレストランで待ち合わせ、話に夢中になり気がつけば深夜になっていたということが何度もありました。
この間、いろんなお話をお聞きしましたので、プランニングに移る際には、お二人の子育てのお考えやライフスタイルや好み、また敷地の前にお住まいになられているご主人の実家のご両親への思いやり、気配りなどを詰め込むことが出来たような気がします。


 

 

また、奥様や、ご主人のご両親にも大変お世話になりました。息子さんがご家族と共に山香に帰られることになり、ましてや実家の隣に新築されるという何にも増してのお喜びもあり、工事期間中は私たち丸高建設のスタッフだけではなく、協力企業の方々にも一日に何度も声をかけていただき、数えきれないほどの気遣いをいただきました。

 後藤様のご家族、そしてご両親とのお付き合いは、お引き渡し後からまた新たに始まったと思っています。お住まいを通じて、これまでにいただいたご家族の皆様からの信頼を、丸高建設の糧として、身近なビルダーとしてサポートさせていただきますので、末永くお付き合いを賜りますようお願い申し上げます。